ファックス・ダイレクトメールを使って営業やマーケティングを行なう全国の事業経営者や営業マンが、 反応率の高いファックスDMを作成するために情報を共有するコミュニュティスペース
サイトマップ
トップページ>FAXDM道場の配信方法

TOPページ

FAXDMとは

DMの種類

FAXDMのメリット

FAXDMのデメリット

FAXDM配信方法

FAXDM作成方法

FAXDMの注意事項

FAXDMのレスポンスがあった場合

FAXDMサンプル書式ダウンロード

FAXDM代行業者リスト

FAXDM配信ソフト

FAXDM作成に役立つ本・書籍

FAXDM作成に役立つ教材

FAXDM用語集

FAXDM統計

FAXDM資料集

よくある質問

FAXDMに役立つリンク集

FAXDMの配信方法

 FAXDMの配信方法は以下のとおりです。

送信の効果的な日時

業種により、時間、曜日、月末月初めなど、よく吟味して日時を設定する。
上記のようにあくまでも第1ステップとしてのPRなのでソフトに、より多くを前提に考える。

FAXと電話が共有のところもまだ多いので、時間帯をよく考えること。
仕事時間、接客時間は避ける。
会社なら夕方5時すぎ、少し休憩ができる時間が効果的。

キャンペーン内容など、季節に応じた内容の時は、ステップアップ方式から逆算して、ある程度ゆとりをもった日時に送信する。

お盆、年末年始、決算時期など押し迫った時期は避ける。

クレーム対策を考慮する

原稿のはじめと終わり(ヘッダー、フッター)に、必ずお詫びお断りの1文を書く。

業種が決まってるときは、その業社のみに、また「この紙1枚のみの…」送信であることを明記する。

返信欄に「以後FAXの送信は不要」という項目をつける。

クレームの電話には先ず丁重に「申し訳ありませんでした」と謝る。

それでもおさまりがつかない場合は図書カードや切手を送るなどする策を講じる。
(企業からのクレームはほとんど無いが、個人宅にFAXをすると起こりうる。)

やみくもなスパム的送信は避ける。
業種を選び、送信される相手に有益な情報であることを示唆する内容にする。

管理人についてコンテンツ免責事項プライバシーリンクについてヘルプ

CopyRight(C) FAXDM道場 All Right Reserved
アクセス解析&SEM/SEO講座 for オンラインショップ開業/運営